自然界から学ぶ「男同士の厳しい争いに勝ち抜く」ための戦略

野生動物のオスにとって、メスを巡る争いは激しいものです。時には、命がけで戦う場合もあります。野生動物のオスは、自分の子孫を残すために必死なのです。

オスは、自分では子供を産むことができませんので、どこかで「メスに選んでもらう必要」があります。メスに全く選ばれることがないオスは、子孫を残すことができないのです。子孫を残したいと思うオスは、メスに選ばれる方法を考える必要があります。人間であれば、頭脳を使って戦略的に女性にに選ばれる方法を考えることができます。

人間の男性は、本能的に行動されるという「動物のオス」を研究することで、「いかにしてメスに選ばれるようになるか」を考える必要があるでしょう。動物のオスは、子孫を残すためにメスに選ばれる行動を行う傾向があります。人間の男性がモテる男性になるためにも、動物的な本能に基づいたメスにモテる行動を学習していく必要があるのです。

ライオンのオスの場合

ライオンは、メスのライオンを中心に血縁関係のある5~6頭のメスライオンたちで「プライド」と呼ばれる群れを形成します。このメスライオンは、血縁関係があるので結束が非常に強いという特徴があります。子育てにおいても、群れに所属しているメスライオンが共同で子育てを行うことも知られています。

この続きは、NOTEで有料販売しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です